SOLUTION

ドラフトチャンバーの解体・撤去

ドラフトチャンバーとは、研究施設などで有害な気体が発生するときや揮発性の有害物質を取り扱うときに、安全のために用いる局所排気装置の1種です。(排気チャンバーやヒュームフードとも言います。)

金属部分の腐食などの老朽化や施設の停止・改修などにより、ドラフトチャンバーの解体・撤去が必要となる場合がありますが、ドラフトチャンバー内には有害ガスが残っていたり、特定有害物を含む付着物がある場合があります。

そのため、化学的な知識を有し、適切な安全対策を行える業者でなければ作業を行うことができません。

サンケイにお任せください

ドラフトチャンバーの壁面や天井には、アスベストや鉛が使用されていることがあります。
アスベストや鉛を含んだ設備の解体工事をする際には、事前調査や届け出が必要であったりと、関連法令に従って適切に工事を進める必要があります。

サンケイは、これまでにもドラフトチャンバーの解体・撤去工事の実績が豊富にあるため、安心してご依頼いただけます。
社内で化学物質に関する講習を行っており、スタッフは取り扱いに注意が必要な有害物質についても正しい知識を持っています。

解体・撤去工事を行う際には適切な安全防具を着用し、作業員の安全を確保したうえで工事を進めます。
さらに、周辺への有害物の飛散にも十分注意し、万全な対策を講じて行います。

対応可能なドラフトチャンバーの種類

一口にドラフトチャンバーと言っても、様々な種類があります。
私たちは様々なタイプのドラフトチャンバーに対応可能です。

  • 屋内排気型ドラフトチャンバー
  • 卓上型ドラフトチャンバー
  • 純水製造装置付きドラフトチャンバー
  • スクラバー式ドラフトチャンバー
  • 脱臭式ドラフトチャンバー

周辺設備も一括で工事可能

ドラフトチャンバーの工事を行う際、それに付随する設備もすべて一括で工事を行います。
以下の設備の工事についても、私たちにお任せください。

  • スクラバー
  • 排気ダクト
  • 排気ファン
  • 給排水用配管

(スクラバーの清掃・解体についてはこちらのページをご覧ください。)

作業プロセス

解体作業

作業員は、ドラフトチャンバー内部に付着した有害な化学物質から身を守るため、安全装備を着用して作業を行います。
アスベストや鉛に対しても、関連条例を遵守しながら適切に作業を進めます。

撤去作業

解体した各部品を撤去し、専用車両で運搬します。
運搬する際も、アスベストや有害な付着物が周辺に飛散しないようしっかりと対策を行います。

神奈川県を拠点とした産業廃棄物処理業者

サンケイは、神奈川県高座郡寒川町に本社を置き、平塚にも支店を持つ産業廃棄物処理業者です。
NDKグループの一員として神奈川県を拠点として活動しています。

グループ会社は横浜市や川崎市、千葉県柏市にも存在し、関東一円をカバーしています。
東は千葉から、西は静岡・山梨まで、幅広いエリアに対応可能です。

横浜、平塚、川崎などの神奈川県内の事業者様はもちろん、 関東エリア(東京、埼玉、千葉、茨城)や 静岡、山梨の事業者様で、ドラフトチャンバーの解体・撤去を行いたいという方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

  • SDGs
  • ソリューション
  • 工事事例
  • 許可証